歯周病と一体どのような病気なのかそして治療法は

歯周病は歯垢が歯茎を傷めつける事で起こる

ではなぜ歯周病が起こるのかというと食事をした時に口の中に残ったものが外部の細菌と結びついて歯垢になりこの歯垢が歯と歯茎に間に入り込み、歯茎が炎症を起こして歯磨きをした際に出血します。
ですが痛みは全くありませんので本人は全く気が付かないまま病気は進行します。
そしてさらに進行すると歯茎の中の歯が溶けてしまい歯茎から膿が出たり歯がぐらぐらし始めます。
このくらい進行すると腫れや痛みが出てきて最終的には歯が抜けてしまうという事になります。
それだけ歯周病とは恐ろしい病気であり痛みを感じない為予防が最も大切になってくる病気なのです。
大切な歯を一本でも多く守るために毎日のメンテナンスや定期的な歯科医院への受診が大切です。

治療の基本は徹底的に歯垢を取り除く事

では歯周病はどのように治療するのでしょうか。
基本的な治療はどこまで歯茎がやられているかをチェックし医師とヒアリングを行い、徹底的に専用器具で歯石と歯垢の除去を行います。
これをスケーリングといい、初期の症状はこの方法でほぼ改善に向かいメンテナンスに移行します。
しかし重傷で最近が歯茎の深いところにある場合は外科手術でポケットの深さを減少させ、殺菌も行うという方向になります。
そして菌で溶けてしまった骨には骨移植をして骨を再生する方法もありますので重症な患者にはこのような施術が施されます。
そして歯茎の改善が完全になされたらメンテナンスに入り正しい歯磨きの方法を実行することと定期的な診断が必要になります。
歯周病は再発率の高い病気なので定期的に歯科医院に通う事を忘れずに予防に努めましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る