最近になって増えている歯周病患者とその予備軍

毎日歯のクリーニングを行っていても歯周病

しかしどんなに歯を一生懸命磨いても虫歯にかかる人や最近成人に多いのは歯周病にかかっている人やその予備軍といわれる人たちです。
歯周病の原因も虫歯と同じく歯垢が最近に変化することが原因になっているので祖歯周病になるという事は虫歯以上に重傷であるという事が言えます。
口臭が気になったり、歯磨きのときに歯茎から出血するといった症状が出るようでしたら歯周病予備軍かもう歯周病にかかっている可能性がとても高いのですぐに歯科医院を受診する事をお勧めします。
また歯垢はストレスや食習慣でも増加するといわれているので歯磨きを毎日単に実行しているだけでは予防できない時代になっています。
それほど歯周病は怖い病気なので注意しなくてはならないのです。

成人の約半分が予備軍か歯周病患者

あるデータによると成人の約半分が歯周病予備軍かあるいは歯周病患者であるという話があり、これは大きな問題ではないかと思います。
昔は歯槽膿漏といわれ、現在ほど食習慣が欧米化されていなかったので患者数も少なかったのですが、近年急速に増加し始め今では半分が発症しているという大問題になっています。
食生活が欧米化したことによって糖分の多い食事が多くなり、これが歯垢を菌に代えてしまう原因になり患者の数が急増したものと思われます。
しかも歯周病は発症しても痛みを生じない為症状にほとんどの人が気付かないことがほとんどでこれが放置されたまま重症になる原因と考えられます。
もし歯磨きの際に出血や口臭が最近気になるなどの症状が出たら早急に歯科医院を受診する事が大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る